京都市洛東地域包括支援センター

地域包括支援センターとは? 

 平成18年4月に、地域の介護・福祉・健康・医療などさまざまな相談窓口として設置され、京都市に61ヵ所あります。保健師(または看護師)、社会福祉士、主任介護支援専門員(主任ケアマネジャー)の三職種が配置され、年を取っても暮らし慣れた地域で暮らし続けることができるように、いろんな相談を受けたり、必要な支援やサービスが受けられるための援助をおこないます。

主な役割について

総合的な相談窓口 日頃の生活に必要なさまざま(介護、医療、保健、福祉)な相談をお受けします。
虐待の防止、
権利擁護事業
高齢者虐待の早期発見や対応、人権を守る権利擁護事業への支援をします。
地域連携支援  いろんな関係機関と連携し高齢者を支援するネットワークづくりをします。
介護予防ケアマネジメント 要支援1・2の方、および要支援になるおそれのある方への介護予防ケアプランを作成します。適切な介護予防サービスのご利用により、高齢者が自立して暮らせるように支援します。

担当地域について

 京都市洛東地域包括支援センターの受け持つ学区は、今熊野学区、月輪学区、一橋学区の三学区です。相談は365日体制で受け付けておりますので、お気軽にご相談下さい。

 住み慣れた地域で暮らし続けられるよう、皆様のご協力を得ながら、住みよい東山にしていきたいと思います。

京都市洛東地域包括支援センター TEL:075-561-1356 FAX:075-561-1359